今回は、大弛峠から国師ヶ岳、北奥千丈岳を経て、石楠花新道をひたすら南下し、柳平まで下ることにした。大弛峠から柳平まで、バスだったら僅か30分の距離だが、山道&林道を辿ると約5時間の道程。それでも殆どが下りなので、それほどのアルバイトではない。鬱蒼としたシラビソの森。倒木を潜ったり跨いだりの繰り返しは、ヒトが未だ森と共に生きていた時代を彷彿させてくれる。
白檜平からの約2時間の林道歩きは退屈と思ったが、程良く紅葉した眺めもあって、飽きることは無かった。今年は紅葉の色付きが悪いとの評価が一般的だし、奥鬼怒も期待外れだったが、それに較べるとここ、奥秩父の紅葉はそれほど悪いことは無かったように思う。
林道を無心にへこへこ下ると、やがて柳平に到着(山の記録はこちら)。ほぼ予定通りの時刻、「金峰山荘」でビールを飲むぐらいの時間は十分確保できた。「ビール冷えてます」の幟旗がうれしい。
ここ、柳平の「金峰山荘」は初めての訪問である。大弛峠から塩山までのバス&乗合タクシーを利用するとなると、柳平でのんびりする時間が無いので、自ずから「金峰山荘」に立ち寄る機会も得られなかった。今回のコースは、そのために捻り出した、我乍ら会心のプランである。
信州側の小川山の麓にも「金峰山荘」と云う小屋があり、やや紛らわしい(但し、信州側の発音は「きんぽう」とのこと)。
ここを山小屋と呼んでいいのか微妙だが、造りは至って素朴だ。高床式になった食堂へ入ると、誰もおらず、照明も落とした状態なので、不安な気持ちになってきたが、そのうち若旦那(主人)が現れ、丁重に応対してくれる。とにかくビール(中瓶600円)を注文。生ビールはやっていないようだ。
ここは、カレーとバーベキューがメイン。何かつまみになるようなものはありますか、と若旦那に訊くと漬物を出して呉れた(サービス)。くまちゃんは、天然きのこ入り豚汁(200円)を注文。なかなか美味そうだった。
「金峰山荘」の宿泊は、1泊2食付きで6,000円と、超格安。ここをベースキャンプに、周辺の山を登るのもありそうなので、また次のプランを捻ってみたい。

DSC03685

DSC03686

DSC03687

DSC03688

DSC03689

DSC03690

DSC03691

DSC03692