たいていの方々と同様、「天下茶屋」の存在は、太宰治の「富岳百景」を通じて知っていたが、これまで実際にそこで酒を呑んだことはおろか、店に入ったことすら無かった。何故か。それはひとえに、ここを山登りの出発点としたプランばかりだったことに因る、と、ふと気が付いた。ならば、「天下茶屋」に下りて来ることを先に決め、その目的に適った近くの山に登るプランを捻り出してみたいと思い立ち、このところチャンスを狙っていた。
今回たまたま、兄から三ツ峠山に登るプランについて打診を受けたので、そのついでに天下茶屋までつなげるコースにした次第。生憎の天気予報だが、どんな雨が降ろうが天下茶屋には行けるだろうと踏んで、安心して当日を迎えた。 
結果的には、昼近くになって雨が本降りになったことから、清八峠まで行くことはせず、大幡八丁峠から林道を下ることになった。基本的に林道歩きは好まないものの、傘を差しながら無心に歩くのはそれほど悪くは無い。少なくとも林道の下りは、雨に合うと思う。
「天下茶屋」に辿り着くと、富士山が全く見えないこんな天気でも、意外と車やらバイクが停まっていて、店内も賑わっている。ぐるっと見回しても、登山客は我々だけ。要するに、ここは下界なのだ。ここは昭和9年創業。この茶屋を有名にしたのは勿論、太宰だろうが、「天下茶屋」という名前は徳富蘇峰が世間に広めたらしい。井伏鱒二もそうだし、何れにしても文人に愛された茶屋だったようで、そのおかげで今も、こんな雨降りでも客がやってくる訳だ。
雨具を整理してから、店の南側の部屋に案内される。部屋と云っても、西側が開け放たれていてなかなか良い雰囲気。晴れていれば、富士山や河口湖も見える場所だろう。落ち着いたところでビールで乾杯。ここで酒を呑むのは、歩いてやって来た我々だけの特権だ。つまみには、木の実みそ田楽(580円)と、きのこほうとう鍋(1,410円)を注文。コンニャクにかかった田楽味噌は、サンショが効いていてなかなか美味い。ほうとう鍋は、あっさりした味付け。あっという間に無くなった。
やはり次は、天気が良い時に来てみたい。そのためにはどのルートで来ようかと、今からプランを練っているところである。
(山の記録はこちら)

DSC03354

DSC03356

P9240791

P9240792

P9240795

P9240794

20160924-DSC03360

DSC03359
DSC03361

DSC03362

20160924-DSC03365

DSC03363

DSC03366

DSC03367

DSC03368

DSC03369