雨上がりの2日目は、梅雨の合間にしては予想以上の好天気に恵まれ、両神山の剣ヶ峰からは、奥秩父の端(雲取山)から端(金峰山)まで望むことが出来、間から富士山も顔を覗かせていた。
景色を堪能したあとが今回のメインディッシュ、梵天尾根となる。ネット記録を色々とチェックした限り、ミヨシ岩さえ越えれば大したことは無さそうだと思っていたが、その後も結構、ズッキンバッコンの登り降りの繰り返しが続く(大小合わせて12個のピーク有り)ので楽ではない。さらに、白井差峠に着いたからと云って安心はできない。何故ならば、まだ高度差約800mの下りが待っているのだ。
それでも足を動かし続ける限り、その長丁場も次第に残り少なくなるから不思議だ。中双里には酒屋が無いことは判っていたので、ビールは大滝温泉まで我慢しなくてはならないと覚悟済。余り早くバス停に下っても、暑い処でぼーっと待っているのも辛い。時間調整しながら、ゆっくりと中双里の登山口に降り立った。
偶々傍には、地元のお年寄りの方(後に横山さんと判る)が家の外に出ていて、両神山から下りて来たことや、途中、子熊を見掛けたことなどを話すと、かたやその横山さんが昔、沢から両神山を登ったことなど、暫し世間話をした。小生の場合は、そのくらいでほぼ会話は終了するのだが、げに恐ろしきは、このちゃんのずうずうしさ交渉力。
なんだかんだ話しているうちに(ここから先は、このちゃんだけの独断場、他の者は聞いているだけ)、ビールの話に移り、山から下りて呑むビールは最高だけど、中双里には飲食店がない、自動販売機もない、呑みたいけど残念等々話になる。それを聞いているうちに気の毒に思ったのか、心の優しいその横山さんが「家に缶ビールが有るけど自分は飲まないので持っていくか」と云い出した。どっ、ひゃー。
流石にタダで恵んでもらう訳にもいかないので、幾ばかりかの金と交換と云うことで決着。その後、缶ジュースまでいただくことになった。ビールは(誠に残念だが)冷蔵庫には入っていなかった様子。それはともかく、完全に諦めていたビールが手に入ったことと、そこまで話を持っていった、このちゃんの交渉力に唯々びっくり。もちろん、ありがたく呑ませていただいたのは、云うまでもない(横山さんは空き缶まで引き取ってくれた、誠に感謝感謝)。

P7172211

DSC02558

DSC02559

DSC02560

DSC02561

DSC02564

DSC02565