また「たぬきや」に行きたくなる季節が巡ってきた。ほぼ1年ぶりの「たぬきや」。冬は冬で良いらしいが、とりあえず小生は、暑かった日の夕方に、対岸の明かりがぽつぽつ瞬き始める頃、風に吹かれながら呑むビールが好きである。
今日は我々、箱根・明神ヶ岳からの下山組5名以外に、「たぬきや」直行組もいて、総勢10名(あとでゲストもやってきたので11名。内訳は男子4名、女子7名)という、大所帯になった。テーブルの確保は、先発の女子直行組にお願いした。
下山組が到着すると、店は相変わらずの賑わい。比較的、子連れのママ友連中が多い感じで、全体としてやはり女性の割合が多いようである。ボーダーコリーを連れた常連さん(男性)も、1年前にお会いしたようにいらっしゃる。
直行組は、一番奥の小上がりを確保して呉れていた。店内とはいえ、二方向のガラス戸も開けられていて、外と大差は無い。直行組には、ずいぶん顔を見ていなかった菊丸や、膝の療養中のくまちゃんもいて、だいぶ盛り上がっている様子。
この店はキャッシュオンデリバリ。さしあたり、ビールなどを注文をするため厨房(レジカウンター)へ行くと、注文待ちの長い行列が出来ていて、店の女将さんはてんてこ舞い。焼きそばや焼き鳥ができたよ!と呼んでも、誰も取りに来ない!!!とかなりイラついているご様子である(店内は結構賑やかなので、注意深く聞いていないと、聞き逃す恐れ大なのだ)。
いくらキャッシュオンデリバリの店でも、女将さん一人で何十人も相手をするのは大変なことである。しかし、バイトを雇う気はないようである。見るに見かねて、お手伝いをする常連さんもいらっしゃる。それでも客は次々に注文を出す。女将さんのイラつく気持ちも判るので、こちらは丁重に注文し、辛抱強くビールやつまみ(焼き鳥など)が出て来るのを待つのみ。
とりあえずビールが揃ったところで乾杯。その後も、なかなか喰い物にありつけない状態だが、直行組のおこぼれを頂戴するので気にならない(そのせいで、呼ばれても気が付かず、また女将さんがイラつく)。今日は空は曇っていて、夕焼けは見られそうにないが、それも大した問題ではない。車窓から灯りが零れる電車が、鉄橋を渡るのを、ビールを呑みながら見上げるのもなかなか乙だ。ここにいると、あらゆることが大した問題と感じなくなる恐れがある。注意しよう。

DSC02071

P6041621

DSC02072

DSC02073

DSC02074

DSC02075

DSC02076

DSC02077

DSC02079

DSC02080

DSC02081

DSC02082

DSC02083

DSC02084

DSC02085

DSC02086

DSC02087

DSC02088