今回の大入道は、昨年のリベンジ(前回の山の記録はこちら)。やや時期を過ぎていたようだが、なんとかシロヤシオの花をめでることができた(今回の山の記録はこちら)。大入道から八方ヶ原にかけては、ヤマツツジとレンゲツツジが花盛り。高原山はこれでもか、と云うくらい、ツツジばかりだ。
学校平まで下りたら、目当ては「山の駅たかはら」のビール、となるのは必定。ともかく、建物に入ったら食堂へ直行。レジで、さて注文しようとすると、お品書きに、生ビールが見当たらない。変だな。店員に訊くと「今はやっていません」とのこと。近くにある、缶ビールの自動販売機も、「販売調整中」と云う、訳の判らない貼り紙がしてある。何てことだ。
余りの出来事に、ショックを隠しきれない。とりあえず、喉の渇きを癒すか、と血迷って自動販売機でQooを購入。ともかく落ち着くことだけは出来た。改めて店員に問い質すと、偶々今だけで、夏になったら再開します、とのことだった。
つまりこんなタイミングの時に、狙いを澄ませてやってきた我々が、ついていなかった、ということだろうか。何があったのかは知らないが(例えば、車でやってきた客がビールを呑もうと注文し、店側が拒否したら、怒り狂った客が生ビールサーバーとビールの自動販売機を破壊した、とか)、この状態ではもうここにやってくる理由がなくなったと、危うく絶交宣言を発するところだった。
とりあえず、大入道のシロヤシオに出会うことが出来たし、八方ヶ原のヤマツツジやレンゲツツジを愛でることができたので、もうしばらくここへ来ることも無いだろうけど、いつかやって来た時に、やはりビールがあると無いとでは、山行計画の立て甲斐も無くなる。その意味ではちょっぴりだけ安心して山を下りることが出来た。 

DSC01976

DSC01977

DSC01978

DSC01979

DSC01980

DSC01981

DSC01983

DSC01982