前日の斑尾山に全く雪が無かったので、鍋倉山もやや危ぶまれたが、なんとか雪が残っていて呉れた。あわよくば、ブナの芽吹きと根開きした残雪の両方に出会えるかも知れないと期待したが、芽吹きにはやや早過ぎたようだ(山の記録はこちら)。
ゲート手前の車道からの取りつき部は、かなり藪が出ていて少々躊躇する。踏み込めばすぐに残雪となり、今度は道形が判り難い。適当に沢沿いに進むしかない。夏道のように南へ大きくトラバースするルートは、かなりの急斜面、誰かが落ちても困るので、ちょっと行き難い。
さらに沢沿いに進めば、やがて見渡す限りブナの森。傾斜も緩やかとなって、なんとも心地良い領域。今日は風も無く、鳥の鳴き声と沢の音しかしない。もう稜線は目の前。日差しが強い。ゆるゆると尾根に上がれば、もう鍋倉山山頂は指呼の距離。ここはいわゆる、信越トレイルの一角である。山頂周辺も藪に覆われているため眺めは良くない。僅かに西側が開けていて、彼方に雪を被った山。妙高連山辺りが見えているようだ。山頂には二人パーティが山ごはんを調理中。いい匂いが漂ってくる。スノーボードを背負ってきたようだが、こんなところでもバックカントリースノーボードができるのだろうか。
黒倉山への道が判り難いが、適当に藪へ突入すると、すぐに夏道を見付けられる。この先、関田峠までは、雪が溶けている部分は夏道を辿ることが出来るが、残雪に阻まれると藪が薄いところを適当に進むといった作業を繰り返す。時々、藪漕ぎを強いられたり、気を許すとガボったり、はたまた雪に埋もれていた枝が目の前で突然跳ね上がったりと、なかなか進むのに難渋する。たっぷり残雪があれば、全ては雪の中で楽だったのだが、この中途半端に少ない雪では致し方ない。
それでもそれなりに、残雪の山を堪能したら、関田峠から車道をてくてく戻る。途中、道の両脇はフキノトウだらけ。それを見たあひるちゃん、のりちゃんたちはせっせとフキノトウ採り。ゲートまで戻ったら、宿の迎えを待つ間、路上で野点。駐車場には十数台の車が止まっている。山中では殆ど人に会わなかったので、この車の数に見合う程の人たちはいったい、何処へ行っているのだろう。
宿に戻り、まだ時間も早いので少々昼寝。暫し贅沢な時間をまどろみ、眠気覚ましに風呂に入ったら、ビールやワインを呑みつつ明日の予定を確認。そうこうしているうちに、夕食時。またまた色々な料理が並ぶ。そのなかに、さっき摘んだばかりのフキノトウの天麩羅もあった。エグみが仄かで、まさに採りたての味だった。

DSC00069

DSC00119

DSC00120

DSC00121

DSC00122

DSC00123

DSC00124

DSC00125