丹沢の日影山は、ちょうどミツマタが見頃だった。なかなか満開時に巡り会うのは難しいので、今年はラッキーだったと云えよう(山の記録はこちら)。ミツマタだけでなく、コースがこれほど変化に富んでいる例もなかなか珍しい。玄倉BSから日影山までは、昭文社の多摩と高原地図は当然として、吉備人出版の西丹沢登山詳細図にも破線の記載が無い、正真正銘のバリエーションだったが、やせ尾根有りの、グズグズの直登有りの、ミツマタ群生の藪漕ぎ有りの、退屈しないルート。かたや大野山はまさしく牧歌的な雰囲気で、実に空が広い。
大野山から谷峨駅まで下れば、これまたどんぴしゃりのタイミングで御殿場線に乗車。いつもならばこの先、山北駅で途中下車し、「ポッポ駅前屋へ集合」を合言葉に「さくらの湯」に浸かることになるのだが、今日は嗜好を変えて、松田にある「健康福祉センター」へ行ってみることにした。
JR松田駅から、街中を抜け川音川沿いにたっぷり15分はかかる。なんでこんなに辺鄙な場所に建てたのだろうか、と思わせる、路線バスも送迎バスもない立地。山北町とは健康福祉センターに対する考え方が違うようだ。とは云え、我々は山から下りたばかりなので歩くこと自体は厭わない。
漸く辿り着き、さて何処が入口かうろうろしてからロビーに入った。さて靴を脱ぐ準備をしようとした矢先、張り紙に気が付いた。曰く「3階入浴施設(健楽の湯)は、男子浴槽の漏水のため、当分の間女子浴槽のみの使用となり、下記の曜日で、日替わり入湯となります。」と。今日は土曜日なので、女子のみの日だった。
前もってホームページ(HP)で告知されていたのか定かではないが、たしかに現在のHPを見る限りそうなっている。まことに残念。ともかく、駅に向かって戻るしかない。そうなると、風呂はさておき喉が渇いた。何処かに寄ろうという意見に全員賛成したので、手近にあった「温家包子店」という餃子店に入ろうとすると、持ち帰り専門店で、店内にテーブルが無い。それじゃーしょうがない。新松田駅前まで戻り、「モンドキッチン」か「YAYA」に入ろうかとするとどちらも開店前。それでは暖簾が出ている「若松食堂」はどうかと覗けば、なんと団体の貸切だという。ビールにありつけず、クラクラしてくる。運の悪い時には、悪いことが重なるもの。われわれにとって、松田は鬼門である。

_DSC2650

_DSC2652