北鎌倉から洋光台まで、思いもよらぬロングコースで、(途中でビールを呑んだりする自分のせいなのに)やや扱かれた感が漂い、よたよたと石川町駅で下車。元町のお洒落な街並みは横目で見て、「恵びす温泉」に入る。パッと見、銭湯らしくない。ビルの2階がフロントと浴室になっている。ネーミングは「温泉」となっているが、実際は違うようだ。
ここにはラジウム原石を使ったラドン浴があるとのこと。難しく云えばラジウム-226がα崩壊してラドン-222ができる訳だが、いったいどれほどの放射性物質がこの原石に含まれているのだろう。この手の宣伝文句は、激しく眉唾である。人体に有益な影響(ホルミシス効果)が現れるほど含まれるのであれば、放射性物質の取り扱いはシロウトでは無理なような気がする。もっとも、ホルミシス効果はそれ自体、まだ仮説である。「放射能」という言葉には過敏なのに、ラジウム浴やラドン浴を有難がっているのは、いったい誰が世間を扇情した結果なのだろうか、気になる。閑話休題。
ラドン浴はともかく、ここにはサウナ以外に、超音波風呂、気泡風呂、電気風呂、座風呂、歩行浴、薬湯、ミスト風呂、水風呂と、実に多彩な風呂がある。風呂好きで、長風呂してものぼせない人であれば、かなり楽しめるのではなかろうか。簡単にのぼせてしまう小生は、ざぶっと気泡風呂へ入っただけでもう十分。
脱衣所には飲み物の自動販売機があり、なんとその中に缶ビールも並んでいた。心の中で喝采しそうになったが、他の銭湯と同様、やや騒然とした雰囲気の脱衣所なので、ちょっと呑み難い。何人か呑んでいる人がいればその気にもなるかも知れないが、そんな感じは無い。やっぱり自重した。
ビールでの時間調整を諦めたため、フロントの近くでみんなが出て来るのを待つ。その間、様々な客が出て行き、また新しい客がやってくるのを何の気なしに眺める。意外だが、カップル(夫婦又は恋人同士)で銭湯へやってくる二人連れが多い。しかも皆さん、サウナも利用できるようエキストラチャージも払っている。 
ここにじっとしていると、この二人はこれまでどういう人生を送って来ていて、今日はこれまでどう過ごして、これから何処へ行くのだろうかなどと、どうでもいい妄想をすることになる。

_DSC2465

_DSC2470

_DSC2466

_DSC2469

_DSC2468

_DSC2467

_DSC2471