このところ、とんとご無沙汰だった「弁慶」だが、ひと月も経たないうちにまた「弁慶」訪問となった(前回はこちら)。今回は山の参加者が10名、アユラシが夜の部のみ参加OKとのことで総勢11名。明けても暮れても隊長とタマちゃんと3人だけで(時々誰かが欠けて2人だけで、たまに凸さんも入って4人で)、立川をうろついていた頃が妙に懐かしい。
さて、これだけの人数がさっと入れる店は、立川でもそうそう無い。試しに「酒亭 玉河」(本店)に電話してみたが、けんもほろろだった。これまで「玉河」の小上がりに入れた試しが無い。どうにもハードルが高い。こんな時はやっぱり、好むと好まざるに拘らず(「弁慶」を好まない、と云っている訳では決してない)、キャパの点から「弁慶」が妥当。それでも飛び込みで入れるかは怪しいので、念のため、やっぱり電話で予約。「弁慶」へ電話を入れること自体、初めてかも知れない。
立川駅のコンコースは相変わらずの混雑。なんで何時もこんなに人が多いのだろうか、と改札口を通る度に何時も思う。今日は、山(入笠山)にも、スキー場(富士見パノラマリゾート)にも、日帰り温泉(ゆ~とろん水雲の湯)にも、それなりに人がいたので、それほどのギャップは感じないが、山で誰とも会わなかった日には、つい、何故こんなに人は人ごみを好むのだろうなどと感じてしまう。
都市人口率という指標がある。国民全体の何パーセントが都市に住んでいるのかというもの。シンガポールや香港、モナコと云った都市国家が100%であるのは当然だが、日本も92.49%とかなり上位。世界平均は58.51%、イギリスやフランス、ドイツでも75~80%前後だから、日本は際立っている。全体的に山地が多いせいだろうが、群れるのが好きとも云えるかも知れない。ちなみに最低はトリニダードトバゴの8.67%。第1次産業の比率がめちゃ高いせいだが、これはもうはっきり云って「人が嫌い」と云えるだろう(出典: 世界ランキング)。閑話休題。
18時前の入店、団体の我々は、2階へ通される。こちらは全て座敷。弁慶ならではの雰囲気。我々が最初の客だった。リュックサックを部屋の端に並べ、居場所を定めたら先ずビール。それも生ではなく瓶で。もう呼び水は電車の中で済んでいるので、ビールはひと口だけで、あとは燗酒へ移行。
つまみは偶には違ったものにしようと云いつつ、ポテトサラダ、ハムカツ、ジャンボコロッケ、ジャーマンポテト、ナンピザ、蕗のとうの天麩羅、アジフライなどを注文。せっかくだから鍋も、ということで頼んだのは鴨鍋。たぶん合鴨だろうけど意外に(失礼)ちゃんと入っていて、楽しめる。ここにはまだ色々な種類の鍋がある。今度、鍋シーズンが終わるまでに来られればピリ辛餃子鍋にしてみよう。

_DSC2127

_DSC2128

_DSC2129

_DSC2130

_DSC2131

_DSC2132

_DSC2133

_DSC2134

_DSC2135

_DSC2136

_DSC2137

_DSC2138

_DSC2139

_DSC2140

_DSC2141

_DSC2142