今日の山行は、「山から下りたら」に重きを置いていたのだが、その理由の一つは奥多摩駅前に開業したビアカフェ「バテレ」に寄ってみること。ところが、残念なことに偶々今日は出資者向け貸切とのことで、一般の入店はできない。ならば次善の策として近所の店に入ろうかと思っていたのだが、なんと目当てだった「寿々喜家」も、「天益」も休業。ちょっと想定外の事態だ。
こんな天気だから仕方が無いのかも知れないが、こんな天気でもやってくる祝勝な我々のために、手を差し伸べてくれる店が無いものかと、そぼ降る冷たい雨の中、柳小路をうろうろ。「そば処おく」もやっていない。
すると、「きみちゃん」と「しんちゃん」が開いていた。どちらもこれまで入ったことは無い。ままよと「しんちゃん」へぞろぞろと入ってみる。L字形のカウンター席のみの小じんまりした店。先客はお一人だけ。山帰りではなく、仕事帰りの地元の方の様だ。カウンター内には女将さんお一人。いかにもここは昭和酒場の雰囲気。阿佐ヶ谷や高円寺の裏路地あたりにありそうな感じ(行ったこと無いけど)。店に入ってしまうと、駅前とは云え、ここがまだ山の中であることを忘れさせてくれる。
我々が入ると、カウンターはほぼ満席状態。やや冷えるので燗酒(最初に出てきたのは人肌程度)で乾杯。つまみにはホッケとなす焼きを頼んだ。やがて独り連れの客が帰ったかと思うと、べつの独り客がやってきて、その知り合いの方も後からやってきた。こんな寒空でも、それなりに客はやってくるようだ。
この店の女将さん(いただいた名刺によれば「増田フジ子」さん)曰く、店を開いてからもう28年経ったとのこと。小生は勿論、それよりも前から奥多摩の山には来ているが、この店のことは知らなかった。まだまだ奥多摩は奥が深い。後で奥多摩町観光協会のHPをみると、この店は「いかのポッポ焼き」がウリのようだ。次回はそれを試してみたい。

_DSC2054

_DSC2055

_DSC2056

_DSC2057

_DSC2058

_DSC2059

_DSC2060