上野原で「一福食堂」に入った後、立川まで移動し、ほぼ半年ぶりの「梅の湯」入湯(前回はこちら)。風呂は、週替わりで1階と2階が男女入れ替わりになるが、今日は男が1階だった。
いつものように、自動券売機で入浴券(460円)を買って、靴箱の鍵と共にフロントの若旦那へ渡すと、代わりにロッカーの鍵を渡される。我々のように山帰りの者が、脱衣所で一番難儀するのは、リュックサックの置き場。でもここは、比較的ゆったりしたスペースなので、隅っこに置かせてもらう。
ここはスーパー銭湯並みに、石鹸やシャンプーは備え付けとなっているのが有難い。サウナコース(760円)だけでなく、岩盤浴コース(960円)なんてものもあるが、特段、長居するつもりは無いので、いつものように通常入浴のみ。自慢でもなんでもないが、生まれてこの方、別料金が必要なサウナや岩盤浴なんて、経験したことは無い。
ここの銭湯の凄いところは、サウナや岩盤浴だけでなく、(以前も書いたように)1万冊のコミック蔵書とワンピースフィギュアの陳列数だが、それ以外にもSUICAなど電子マネーが使えたり、無料WIFIが使えることも、銭湯では珍しいのではないだろうか。もちろん個人的には、休憩スペースで生ビールが呑めることが凄いと思っている。他に、やきそば、たこやき、おでんもある。
風呂から上がったら、まっすぐまた自動券売機へ行き、コインを入れて「生ビール(中)400円」の釦を押す。これを楽しみにしている客も、間違いなくいると思う。今日は、小生以外でビールを呑んでいるヤツはいないが、特段、目線が気になる訳でもない。休憩スペースにいる殆どの人間(たいてい若者)は、脇目もふらず、飲み物もとらず、まんが本に熱中している。フロントにいる若旦那の目を盗めば、ここへきて金も払わないまま、休憩スペースでまんが本をタダ読みして、結局そのまま風呂にも入らず帰る、なんて輩もいるかも知れない。ま、それは冗談にしても、実際、入浴券だけ買って、風呂には入らず、まんが本を暫く読んで帰るなんて、漫画喫茶の料金相場は知らないが、そうしている者もいるかも知れない。まんが読みに耽っている連中に囲まれていると、そんな気がしていくる。

_DSC0996

_DSC0997

_DSC0998

_DSC1000
 
梅の湯のブログ: こちら