東武足利市駅を出ると、ココファームワイナリー行直通バスの停留所にはすでに、とても大型バス1台では乗り切れない程の長い行列が出来ていた。結局乗れたのは3台目。直通シャトルバスは無料かと思いきや、しっかり500円とられた。
30分ほどでココファームワイナリー到着。収穫祭の入場料は3,000円。えっ、意外に高いね。料金と引き替えに、ハーベスト・キットなるものが入った黄色い布袋を渡される。その中には、引換券、収穫祭バッジ、収穫祭ワイングラス(グラスホルダー付)、簡易カトラリーセット(木製フォーク、ナイフ、スプーン、箸 )が含まれている。引換券は、受付で①できたてワイン(日本の葡萄100%/カラフェ入り/750ml)、②第32回収穫祭記念赤ワイン(ココだけのカリフォルニアワイン/750mlボトル)パルミジャーノ・レッジャーノとソムリエナイフ付き、③第32回収穫祭記念白ワイン(日本の葡萄100%/750mlボトル)ミックスナッツとソムリエナイフ付き、④ヌーボージュース(ノンアルコール、白ワイン用葡萄品種甲州種100%/485ml)ガーリックトースト付き、の何れかと引き換える。我々二人は②と③をチョイス。ソムリエナイフ、そもそも要らないけれど、2つも増えた(グラスも1つだけ記念に貰い、1つは帰りに出口で返した)。何となくありがた迷惑。
開場は10時30分で、我々は10時50分に到着したのにもかかわらず、すでにもの凄い数の老若男女たちが、ぶどう畑の中で呑んだくれている。ひと目数千人、時折降る雨にもめげず、とにかく人の数が半端ではない。園内全体では1万人はくだりそうにない。勝沼辺りのワイナリーとはスケールが違う。ぶどう畑の中にシートを敷いて座り込み、さながら「花見」ならぬ、「ぶどう棚見」状態である。ぱっと見、若者女性達が目立つ。すでにかなりご機嫌状態。
何処か座る処ぐらいあるだろうとタカをくくっていたら甘かった。雨のせいもあるが、レジャーシートや折畳み椅子などを持っていないと、腰を下ろす場所が無い。従って段々疲れてくるので、そんなには呑み続けられない。結局3杯飲んだところで退散した。
タレントの勝俣州和(足利市の観光大使らしい)が赤いワインボトルの着ぐるみをつけて、愛想を振りまいていた。さすがタレント。毎年現れるようである。
ワイナリーの出口でタクシーに乗る。街なかへ向かいながら運転手曰く、夕方くらいになると、この道を歩いて帰る多くの酔っ払いが、車道を歩くわ、路上に寝っ転がるわで、渋滞が発生する、と(足利駅まで6kmくらいあるので、酔っ払いじゃないと普通、歩かない)、やや迷惑そうに話して呉れた。
そこまで呑むつもりはないが、是非、また来てみたい。その時は折畳みの椅子でも持って来よう。
 
_DSC0878

_DSC0879

_DSC0880

_DSC0882

_DSC0883

_DSC0884

_DSC0885

_DSC0886

20151115_111052

_DSC0887

_DSC0888

_DSC0889

_DSC0890

_DSC0891

_DSC0892

_DSC0893

_DSC0894

_DSC0895

_DSC0896

_DSC0897

_DSC0898

_DSC0900
 
ココファーム・ワイナリーのHP: こちら