突然ですが、第5位から第1位までの発表の前に(なんだかテレビでよくあるベタなパターンだ・・・)、ランク外とは云え、記憶に残るポテトサラダを少々紹介。人によっては、ここで紹介する方がランクインに相応しい、と思うかも知れない。

★番外その1 神田/野菜居酒屋 玄気(2014年11月25日入店)

_DSC5116

この店のポテトサラダを語らずして、このブログのポテトサラダ遍歴は語れない。その名も「伝説のベーコン、レッドムーン、ひかりレンコンのポテトサラダ」(1,200円)は、惜しくもランク外となったが、一度食べたら、忘れられない味。何度か食べると、病み付きになるかも知れない。とにかく、全ての食材が個性を主張している。特に、レッドムーンと云う品種のじゃがいもが、凸さんに「さつまいもじゃないの?」と云わしめるほど甘みがあって味が濃い。値段もインパクトあるが、さほど高いとは感じない。この店のメニューでは、インパクトの強さは、この料理に限る訳でもない。もっと云えば、ここの店主もこの店の内装も、実にインパクトがある。ここが神田であること、忘れること間違いなし!

★番外その2 秋葉原/殿(しんがり)(2014年12月10日入店)

_DSC5309R

玉子入りタイプで、胡瓜、人参も入ったごく標準的なスタイルだが、しっかり固め。マヨネーズを悪戯に多用していないところに好感が持てる。でも、ちゃんと美味い。料理人の技量を感じる、真っ当な一品である。もちろん、他の料理も其々美味い。

★番外その3 立川/青海(2014年6月28日入店)

DSC_0232R

この店のウリは日本酒の品揃えなのだが、負けず劣らず料理も種類が多いし美味い。ポテトサラダも、普通のものと、明太子ポテトサラダがある。「普通」と云ったが、実はちょっと普通とは違っていて、具材は人参以外に玉蜀黍がたっぷり入っていた。そのせいか、かなり甘めの印象。それでも日本酒にちゃんと合うから不思議だ。全体的にクリーミーに感じるのは、マヨネーズ以外になにか入っていそうだが、良く判らなかった。という訳で、また行く必要がある。

★番外その4 本厚木/肉の佐藤(2014年3月29日2014年5月25日2015年3月14日2015年3月28日入店)

_DSC2109R

_DSC3067R

_DSC6966

_DSC7227R

この頃、本厚木で途中下車する機会が多い。その際、ここ「肉の佐藤」に行くことも多いため、この1年余で4回も入った。その4回とも、ポテトサラダを味わっているので、店も馴染みだが、ポテトサラダにもとても馴染みだ。ここの特徴は、玉子入りで、じゃがいもが余り潰されずにゴロっと入っていて、かなりスパイシーな味付けというところか。肉屋のポテトサラダは美味いというイメージ通り、ここも美味い。

★番外その5 北千住/じんざえ門(2014年4月11日入店)

(残念ながら写真なし、失礼!イメージは、例えば勝手にリンクさせて貰ったこの方のブログ(酒リーマンのフードライフ)をご覧下さい。これは別館で出すポテトサラダなのだけれど、多分、量的には同じでしょう。)
ここのポテトサラダ(390円)は、味もさることながら、出されると、とにかく、思わず笑ってしまうくらい、量がハンパではない。2人ぐらいだと、頼んだ事を後悔することになるだろう。でも意外に、いつのまにかペロっと食べられるのは、飽きが来ない、食べ易い味付けということだ。腹を空かせて行く価値あり。でもまあ代謝量が少ない方ばかりであれば、最低4人ぐらいで行くのがベターだと思う。