久しぶりに激混みの新幹線で、上毛高原駅から大宮駅まで立ちっ放し移動。こういうときは、50分足らずの乗車時間が有難い。そう云えば以前、上野から山形まで新幹線で3時間、立ちっ放しだったことがあった。それに比べれば、楽ちんの部類である。とは云えこの頃、朝夕の通勤での正味乗車時間は約30分だし、ほぼ座って行けるので、久しぶりの立ちんぼは暫し我慢。
大宮で途中下車し、「いづみや本店」に入ると、お姐さん店員に指定されたテーブルは一番右奥。この店に入ると、たいていここの席である。予約席のプレートがおいてあるが、関係ない。このテーブルは、常に我々が来るのを待っている、我々のためにあるようなテーブルである(そこまで云うか!)。頭上にあるテレビは、箱根の大涌谷が立入規制されたことを報じている。黒玉子の店は大打撃だろうが、いままで大儲けしている(燃料費ただで、1個10円程度の玉子を、10倍の値段で売っていた訳だ)と思われるので、当分は問題なかろう。 
乾杯の後、2杯目に頼んだレモンハイがなかなか出てこない。忘れたのかと思って見回すと、さっきのお姐さんが作っているところだった。何かの拍子に思い出したのかな。そのまま見ていると、出来上がっても何故かこっちに持って来ず、直ぐ傍の客に渡そうとする。すると、違うと云われたのだろう、あたふたと数メートル移動し、別のお客に持っていくとまた断られたようだ。こっちだよ~、と手を振ると、ちょっぴりはにかんで「迷っちゃった」と仰る。自らの職場で迷うとはなかなか出来ない芸当だが、これでも仕事が務まるのだから大したものである。かくのごとくこの店は、お姐さんがいい味出している。
そのうちに、「わかめときゅうりの酢の物」(280円)を頼んだのに、出てきたのはどう見ても「たこ酢」(360円)だった。これもこの店の味のうちである。締めに、たぶん初めてチャーハンを喰った。思いの外、美味い。この意外さも、この店の味である。

_DSC7998

_DSC7999

_DSC8000

_DSC8001

_DSC8002

_DSC8003

_DSC8004

_DSC8005

_DSC8006

_DSC8007

_DSC8008

_DSC8009