今朝は、新逗子駅から三浦アルプスを歩いて田浦梅林に行くため、珍しく品川駅で乗り換え。だいぶ早く着いてしまったため、何処かでコーヒーでも飲んで時間を潰そうと、JR駅構内をうろうろ探索。人の流れを見ていると、この時間は新幹線乗り場に向かう旅行客が多いように見える。
品川駅は、大宮駅と並んでエキナカの先駆者とも云え、店舗数はかなり充実しているはずだが、土曜日の午前7時過ぎで空いている店となると、意外に殆ど見あたらない。数少ない店のひとつがここ「TAMEALS」だった。平日のもっと遅い時間であれば、さぞや混んでいることだろう。ちなみにこのネーミングは英語辞書を引いても出てこない。ということは誰かの名前なのかな、とネットでググってみると、Terminal + And + MEALをもじった造語であることが判った。まさにエキナカに相応しいネーミングだった。
店に入ってコーヒーを注文し、席に落ち着く。ちょっびりデカダンス感が漂う内装と調度品。モチーフは19世紀末のヨーロッパ、ウィーンあたりをイメージしているような気もする。改めてメニューを眺めてみると、結構、アルコール類が色々置いてある。特段、時間が書いてないと云うことは、そのつもりさえあれば、この時間からも呑めるということか。なるほど、なおちゃんの池袋駅構内での往きつけは、この手の店なのだろう。これから山を登る身でなければ、ちょっと喉を潤してみたい気もあるがここは我慢、我慢。
これまでプラットホームの数が多い割に(東海道本線用に8本も線路がある)、臨時列車や団体列車の発着ぐらいしか使い道がなかった品川駅だが、上野東京ライン開通により常磐線特急の発着駅にもなったようだし、ますます駅構内での人の往来が増えることだろう。そうなると当然、ここTAMEALSで一杯やる輩も増えそうだから、益々繁盛、結構なことだが、とは云え次回、ビールを飲みに来た時には、さっと入れる程度の混み具合を期待したい。

_DSC6695

_DSC6696

_DSC6697

_DSC6700

_DSC6701