今回は泊まりも松島。ネットで適当に選んだのだが、偶々「かき小屋」のすぐ傍で、JR東北本線の松島駅からも、JR仙石線の松島海岸駅からも歩ける位置にある、ここ「小松館好風亭」にした。高台で松島湾が目の前、展望抜群の処に建っている宿だった。生憎の雨で見通しは良くないが、むしろそのおかげで風情ある景色を眺めることができた感じ。雨に煙る松島は悪くない。
この宿は、斜面に建っているせいでフロントは2階、風呂と食事処は1階、我々の部屋は3階となっていた。家族連れが多いような感じだが、なかには同窓会なのか、熟年男女20~30人の集団が泊まっていた。部屋の窓からは松並木越しに松島湾を見渡せる。
昼食であれほど牡蠣を喰ったのに、日が暮れてくると腹が減ってきた。不思議だ。午後6時になったので1階の食事処へ。夕食のメインは炭火焼プランとなっている。色々ある中から、ひとり4種類、ふたりで8種類の焼き物(一部、煮物や揚物あり)を注文できる仕組み。結局、いわい地鶏、荏胡麻豚、ほっき貝、松島穴子の天麩羅、銀だら煮付け、温野菜(バーニャカウダ)、蟹みそ甲羅焼き、海老鬼殻焼きをいただいた。メニューには牡蠣もあったが、云うまでもなく頼まなかった。
デザートとコーヒーは、わざわざ2階の喫茶コーナーへ移動する。日中見ると、ここからは素晴らしい松島湾の眺めなのだが、夕食時、外はまったく漆黒の闇なので、わざわざ足労をかける意味が無いような気がする。でもまあ歩くのが億劫ではないので移動するけど。
朝は別の大部屋で食事。結構、量があったがぺろりと食べられた。不思議と旅館の朝食はお代わりするほど食べられる。夕食も朝食もそれなりに豪華で美味かったが、きっと1年ぐらい経つと、何を食べたのか思い出せないだろう(写真が覚えていてくれるだけだ)。その意味で、かき小屋の焼き牡蠣喰い放題はきっと一生忘れないと思う。それはそれとしても、この宿はともかく立地は抜群である。いつか天気が良い時にまた来てみたい。

_DSC6837

_DSC6838

_DSC6839

_DSC6841

_DSC6842

_DSC6843

_DSC6845

_DSC6846

_DSC6848

_DSC6849

_DSC6850

_DSC6851

_DSC6852

_DSC6853

_DSC6854

_DSC6855

_DSC6856

_DSC6859

_DSC6860