「立川やきとん」でそこそこ呑んだのだが、勢いがついた隊長に拉致され、もう一軒行こう!ということになり、珍しく(ヤマショービン殿、ご出張中にもかかわらず)国分寺で途中下車。南口と云えば、隊長と行った30数年前の古民家風やきとり屋のイメージがこびり付いているが、立川と同様、いまは昔、かつての面影は全くない。
今回、隊長がチョイスした店は、南口を出てすぐ右手のビルの2F、「バル・ヴィラ・ピンチョス」という、いわゆるスペインバルである。スペイン料理店と云えば、例の立川北口にある「テンプラニージョ」という名の店(いつの間にかホームページもできていた)が、我々には馴染み(といっても2回しか入ってないけど)。
バルと聞くと、例えば銀座の「カタラン・バー・ヴァニュルス」(レポートはこちら)のように、狭い処でわいわいがやがや云いながら呑む感じのイメージだが、こちら「バル・ヴィラ・ピンチョス」はゆったりした造りで、ちゃんとテーブルについてしっかり食べ、じっくり呑む感じ。メニューを見ると、飲み物も料理も種類が豊富である。当然、店名にもなっている「ピンチョス」料理もある。そこで注文したのは、「マッシュルームのアヒージョ」と「ホタテ貝のガーリックバター焼き」。これに合わせるワインは、ロス・コンデス・マカベオ&シャルドネ2013。ちょっと酸味を感じる。柑橘系っぽいすっきりした香りで、ニンニク料理との相性も良い。
なかなか良い店だった。やっぱりどちらかと云えば、バル(居酒屋)ではなく、スペイン料理店(食堂)って感じだろうか。2軒目に来るよりも、やはり1軒目の方が良さそう。ともかく、たまにはスペイン料理も良い。我々日本人にとっては、ついひと括りにスペイン料理としてしまうが、もちろん地方によって色々特徴があると思う。例えば、「パエリア(パエージャ)」は元々、西部のバレンシア州の喰い物だそうだし、今回の「ピンチョス」は、北部バスク州で生まれたバスク料理のひとつとのことだ。遠い国なのでなかなか行くことは無い、せいぜい日本国内で色々楽しんでみたい。

_DSC6468

_DSC6469

_DSC6470

_DSC6471

_DSC6472

_DSC6473

_DSC6474

_DSC6475

_DSC6476

_DSC6477

_DSC6478