雲取山登山の打ち上げ&反省会のため、ホリデー快速おくたま2号で立川駅途中下車、今日は三連休中日の日曜日なので、なかなか開いている店がない(特にまだ17時前だし)。そこでやっぱり北口駅前にある、「困った時の玉河」に入ってみた。「立川一お気楽な店」が謳い文句の老舗居酒屋、嬉しいことに開店は朝10時30分である。我々4人(「多忙」このちゃん、「食べ過ぎ」ひろちゃん、そして「顔面打撲」のんちゃんとは、立川駅でお疲れさんバイバイ)の直前を、同じく登山姿の三人連れが入っていって、しまった、タイミングを逸したかと思ったが、店員は「(空いたテーブルの上を)片付けるまでちょっと待って下さい」とのことで、今日は意外に空いていた。
席に着いたら先ずビールで乾杯。そしてメニューを見て、ポテトサラダ、大根サラダ、カニ玉、鶏チャーシュー、キクラゲの玉子炒め、さんま塩焼きを注文。この店の良い処は、料理が早く出てくることと、大宮「いづみや」に負けず劣らず料理の種類が豊富なこと、そして、どれもとびきり美味い訳ではないが、そこそこ美味いので安心して注文できること、である。

ところで今回、雲取山では、冬山縦走ツアーで30人ぐらいが山頂にやってきていた。我々と同じ三峰コースで登って、同じように鴨沢まで下ったようだ(鴨沢に大型バスが待っていた)。日程は、某M新聞旅行のHPによれば、

1日目 西武秩父駅8:20集合〈貸切バス〉三峰神社駐車場(1000m)…霧藻ガ峰(1523m)…白岩山(1921m)…大タワ…雲取山荘(1850m、泊)(歩程=約5時間)
2日目 …雲取山(2017m)…小雲取山…七ツ石山(1757m)…堂所…鴨沢(540m)=丹波山温泉(入浴付、各自昼食)=奥多摩湖=奥多摩駅前(下車可)=日の出〈圏央道・中央または関越道〉新宿17:00~18:00頃着 (歩程=約5時間)

ということで、中級者向けとなっている。参加料金は33,000円也。ということは、丹波山温泉「のめこいの湯」の料金(600円)なんぞはたかが知れているので、たとえ個人登山に較べて送り迎えが楽ちんになるにしても、大雑把にいってこの料金の半分はガイド料という計算になりそうだ。33,000円×50%×30人=495,000円の粗利か。ツアー会社はウハウハだな。・・・だとするとですよ、我々の場合33,000円×50%×6人=99,000円が、小生の懐に入ったとしても可笑しくない算段になるが・・・? ま、それは冗談としても、今回はヒヤヒヤの連続、やたら気疲れした。入門コースとは云え、冬山のガイドは楽じゃない。

_DSC5909

_DSC5910

_DSC5911

_DSC5912

_DSC5913

_DSC5914

_DSC5915

_DSC5916

_DSC5917

_DSC5919