西所沢の「弘法の湯」で温まった後、時計を見るとまだ17時。さて、あと1時間あまり、何処で時間を潰そうかと街をうろうろするが、銭湯界隈にはそもそも飲食店が見あたらない。おのずと西所沢駅前方面へ向かうことになる。「久呂無木」を通過して西武池袋線の踏切に近づくと、左手に「やるき茶屋」の看板。かる~く飲めるだけ店が理想だったが、背に腹は代えられぬ、後続部隊宛にGoogle+で店の写真を投稿してから店に入る。先客は一組2名だけだったが、次から次に客が入り、一時間余りでほぼ満席状態。なかなかの人気ぶりである。
ここでがっつり喰うと後で後悔する恐れがあるが、空き腹でビールだけというのも胃に悪そうなので、じっとメニューを睨んで、瓶ビールと、ベンチマーク用の自家製ポテトサラダ(400円)を注文。突き出しにはポップコーンが出てきた。だったらポテトサラダは要らなかったかも知れぬ。ポテトサラダにはゆで卵の半身が載っていて、ソースがかかっている。ありそうでないが、特段ソースが美味いとは感じなかった。
やるき茶屋に入ったのはいつ以来か記憶にないが、なかなか料理も飲み物も種類が豊富である。精米歩合50%ながら獺祭・純米大吟醸(一杯950円)や、梵・特別純米(同750円)まで置いてあるのには驚いた。それ以外にも八海山や浦霞、〆張鶴、出羽桜、土佐鶴など、有名どころがずらりと並んでいる。大衆居酒屋チェーンも顧客ニーズに応えるべく色々営業努力をしているのを感じる。今後、また西所沢店に入るかどうかはともかく、他に目当ての店が無い処で「やるき茶屋」に入るのも悪くなさそうだ。
やがて後続部隊も合流し、みんなで暫しちびりちびりとビールを呑んで、「久呂無木」開店(18時30分)まで時間を潰すが、こうやっていると時間は意地悪しているが如くなかなか進まないものだ。女子連ですら口数が少なくなる。事前リサーチで18時15分には入店させてもらえるとの情報に基づき、ようやく18時10分になって店を出る準備を始める。ここから「久呂無木」まではほんの一投足。18時12分に出て牛歩で行ってもまだ18時15分になっていなかったが、なんともう「久呂無木」には暖簾が出ていて開店していた(ブログを見ると18時開店だった)。わざわざ15分余り悶々としていたのが、我ながら可笑しい。 

_DSC5701

_DSC5702

_DSC5703

_DSC5704