6月17日以来の「根津の甚八」訪問、もう半年経ってしまった。あのときは夏の到来を予感させるような陽気だったが、既に真冬。前回、店を目指してやってきたときの、赤い提灯の明るさの記憶がほとんどないが、同じ時間でも今宵は遠くからやけに目立つ。滑り具合がいまひとつの引き戸を開けると、ほっこり暖かい。女将に迎えられ、奥の座敷に通される。黒光りする柱や板壁に、白熱電灯の暖かい明かり。座布団に座った時に得られる、このくつろぎ感は他の居酒屋ではちょっと味わえぬ。
先客はカウンター席におひとりだけ。この店に溶け込むように静かに呑んでいる。この建物は冬は寒いですよ、と女将から聞いていたが、たしかに隙間風のようにすうっと冷気が通り過ぎることがある(女将が膝かけ毛布を用意してくれる)。でも、むしろ熱燗がちょっと進む程度のプラス効果とも云える。初夏の、一瞬の爽やかな涼気も悪くなかったが、この店ならば冬の隙間風も存外悪くない。前回はアユラシと二人だったが、今日はなおちゃん、りんごちゃんの女子二人を加えて、四人でプチ忘年会。
従って、ビールでちょっと喉を湿らせた後はひたすら熱燗をいただく。もちろん、酒は「太平山」一本やり。肴は鯖の燻製、鶏ささみ燻製と煮玉子、水餃子、さつま揚げ、クリームチーズのわさび漬けのせ、漬物盛り合わせ。それぞれが酒の肴にぴったり。特に鯖の燻製は前回もいただいたが、個人的にイチオシである。肴をつまみ、酒を流し込みながら、しばし雪国談義、山談義、テレビドラマ談義に花を咲かせ、瞬く間に看板となった。今度来るときはどの季節の風に吹かれてみるか。

_DSC5292

_DSC5293

_DSC5294

_DSC5295

_DSC5296

_DSC5297

_DSC5299

_DSC5300

_DSC5301