昭和ノスタルジー居酒屋訪問シリーズも第7回目。今回は日本橋「ふくべ」。メトロ日本橋駅に至近だが、住所は八重洲一丁目。昭和14年創業。看板には「通人の酒席」と書かれていて、呑んべえゴコロをくすぐる。
入口を潜ると目の前は渋いカウンター席。満席である。右手の奥がテーブル席となっていて、4人掛けが4つ、2人掛けが2つある。我々が席に着くと、4人掛けと2人掛けが一つずつ空いている状態。天井も壁も良い感じに燻されていて渋い。この空間は妙に居心地が良い。2階は座敷で、Max.12人まで入れるとのこと。ここで宴会するのも悪くなさそう。お品書きには、ずらりと日本酒の名前。将にここは酒席なのだ。何れも昔からの有名どころで、昨今名前が売れてきたような新興銘柄は全く見当たらない。年季が入った居酒屋に並ぶ日本酒は、やはり年季が必要と云うことだろう。酒も肴も一切値段が書いてないが、気にせずがんがん注文。先ずはビールと共にぬたから。
日本酒は「菊正宗樽酒」からスタート。杉の香りが強い。この頃この手の酒は呑まないので、ちょっと新鮮。その後、「男山純米」、「菊姫純米」、「住吉純米」、「桃川本醸造」、「司牡丹純米」をいただく。肴は、厚焼き卵、海鮮納豆、はんぺん焼き、あじ干物、しめ鯖、さつま揚げ(小さ!)、たらこ(小さ!)、かます干物などを注文、ばくばく喰う。どの一品も昔から変っていないのだろう。
そのうち、くさや独特の臭いが漂ってくる。この店はくさやを出すことでも有名だ。和尚は、生まれてこの方喰ったことがない(!)と云うので、その臭いに乗じてこっちも注文。裂いた状態で出てくる。久しぶりに喰ったが、自分で喰った方が臭いは気にならない。味は申し分なし。ほぼ2時間、3人で凡そ1升ほど呑んで、肴ももりもりばくばく喰って、結果ひとり4,000円也。この店ではきっと上客だっただろう。
 
_DSC4866

_DSC4867

_DSC4868

_DSC4869

_DSC4871

_DSC4872

_DSC4873

_DSC4874

_DSC4875

_DSC4876

_DSC4877

_DSC4878

_DSC4879

_DSC4880

_DSC4881

_DSC4882

_DSC4888