雨の中を平標山から下りて、700年の歴史を持つという貝掛温泉でさっぱり汗を流したあと、越後湯沢駅に出てちょっと遅めの昼食。今日は手近な店ということで、駅構内の「湯沢がんぎどおり」にある蕎麦屋・小嶋屋に入ってみた。本店が十日町にあるらしい。結構、客の入りが多く、10卓ほどあるテーブルは概ね埋まっていて、10分ほど待ってからの入店。その間、偶々、土産物屋通りの特設ステージでやっていた、箏とバイオリンのコラボ演奏で「アナと雪の女王」主題歌を拝聴。
一番奥のテーブルに案内され席に着くと、もうビールは貝掛温泉で飲んできたので、始めから日本酒にすることに。メニューを見ると新潟の酒が7種類ほどある。先ずはその中から十日町・魚沼酒造の「天神囃子」(日本酒度±0度。種類は不明)を注文。甘口とのことだが、さらりとマイルドで旨味が引き立っている。酸味は抑えめで、吟醸香は感じない。続いて同じく十日町・松乃井酒造場の「松乃井」(日本酒度+5度。これも種類は不明。クレームするつもりはないけど、できればメニューには、吟醸とか純米とかも併記しておいて欲しい。調べた範囲では、例えば松乃井には純米、吟醸など12種類もあるのだから。店の主は酒には些か無頓着かな)を注文。これも吟醸香は感じないが、しっかり旨味が生きていてコクと酸味が程良い自分好みに感じる。
つまみは天麩羅盛り合わせ、玉子焼き、板わさ、油揚げの炙り焼きを注文。天麩羅は、海老に舞茸、茄子、さつま芋が盛り合わせ。藻塩で頂く。玉子焼きに餡が掛っているのは小嶋屋の流儀か、はたまた新潟スタイルなのか・・・。油揚げは、ぶ厚い栃尾産。そして最後の〆はもちろん、へぎそば。とても良く冷えていて、ふのりが入ったへぎそばならではの、つるつる喉越し感が気持ちいい。よく有りがちな駅ナカ蕎麦屋の蕎麦とは全く一線を画す味わいである。

DSC_0162

DSC_0163

DSC_0164

DSC_0165