会社帰りに、蕎麦好きおやじさんに連れられて鶯谷の「関所」という居酒屋に入店。到着時間が18時30分を回っているにもかかわらず、すぐ隣がラブホ街のせいか、近くの「信濃路」や「加賀屋」と比べても、意外と空いている。客はおやじばかり。ここには普通の居酒屋にありそうな料理はだいたい揃っている感じ。それに加え、刺身関連のバリエーションがあるのがうれしい。値段も手頃で味も平均点以上。飲み物も、日本酒や焼酎が各々いくつか揃っているので全く問題ない。我々は生ビールのあと、黒霧島をボトルで頼み、ホッピーやお湯で割って飲んだ。さんざん料理を食べ、飲んで、一人当たり3,000円強と、まあまあ普通。店内が静かで、女性店員達が如才なくかつ礼儀正しいところがこの店のウリだろう。土曜日、山の帰りに果たして鴬谷へ直行するかどうかは意見が分かれるところか・・・。

_DSC3155

_DSC3142

_DSC3145

_DSC3146

_DSC3147

_DSC3148

_DSC3149

_DSC3150

_DSC3151

_DSC3152

_DSC3153