赤城山(黒檜山)に登った帰り(山の記録はこちら)、珍しく池袋まで来て、昭和レトロ感を売りにした居酒屋、「半兵ヱ 池袋東口グリーン大通り最初の路地を左に曲がったビックカメラ裏店」(それにしても店の名前が長いな・・・。)に行ってみた。上州や信州の山に登った帰りは、これまで決まって大宮で途中下車(そして殆どの場合「いづみや」に入店)だったが、都心の居酒屋情報に意外と詳しい(かつ、なるべく山手線の外に出たくない)アユラシが、夜の部参加の際に池袋のこの店をリコメンド。今回は新幹線ではなく、前橋から在来線をトコトコ乗ったことで、池袋は寄り易いイメージもあった。昭和ノスタルジーを積極的に演出しているのではなく、地でやっている昭和の店(つまり古い店)だったらそこそこ知ってはいたが、都心だけでなく北海道から鹿児島まで、全国中に店を展開しているこのチェーン店のことは、全く知らなかった。池袋にはもうひとつ「半兵ヱ 池袋サンシャイン60通り店」もあるらしい。
店に入ると、映画のポスターや商品の宣伝ポスター、ラベル、ブリキおもちゃなどが並んでいて、レトロ感満載。確かに中には当時のものもあるようだが、ポスターなどは良く見ると、印刷が新しいようなので復刻版乃至は復元版とでも言うべきかもしれない。また、昭和と言っても昭和初期のイメージであり、我々が馴染んだ昭和よりも一世代ほど古い感じで、懐かしさが必ずしもストレートに伝わってくる感じでもない(川路民夫主演の映画のポスター、なんてなぁ・・・)。店は意外にすいているが、どうも全て予約が入っている模様、かなりの人気なのである。我々の隣のテーブルは、ギャルばかりでやけに盛り上がっていたが、今時の若者の眼にはこの店の世界観はどう映っているのだろうか(ちなみにそのギャルたちはどうも10代のように見えたが、気のせいかもしれない)。
昭和ノスタルジーは店内装飾だけではない。アユラシはつまみ(?)に、砂糖ときな粉が塗してある揚げパン(コッペパン;180円。小学校時代、給食のコッペパンがさほど美味いとは感じていなかった小生は、特段、食指が動かない)や、すいとん(150円)を注文。もちろんそればかりではなく、焼き餃子(150円)やハムカツ(180円)、ポテトサラダ(なんと100円!)など定番メニューもある。それにしてもここはつまみが安い。一番高い、煮込み5点盛りでも390円である。決してその分、量が少ないわけでもない。薄利多売と看板に書くだけのことはある。ちなみにお通しは、380円と比較的高めだった。ビールを飲んだ後は、烏龍ハイやハイボール等の定番飲み物以外に、闇ハイ(290円;なんだかよくわからなかった)や電気ボール(290円;たぶんデンキブランの水割り)、アヒルのカクテル(390円;アヒルのおもちゃが浮いているだけ?)などにトライしてみた。最後には湯呑茶碗に入ったスープと、女性にはうれしい(アイスクリームではなく)アイスクリンが無料サービスで出てくる。このチェーン店は立川にもあるようなので、そのうち入ることになりそうだ。

 _DSC3106

_DSC3108


_DSC3109


_DSC3110


_DSC3111


_DSC3112


_DSC3115


_DSC3118

ところで話は遡るが、赤城山から下りてきた後、汗を流すために近くにある日帰り温泉(富士見温泉・見晴らしの湯ふれあい館)に寄ろうと、赤城山ビジターセンター発前橋駅行急行バスの運転手に、何処で降りたらいいか聞くと、「畜産試験場入口で降りてから約1km歩く必要があります」と聞かされ、実際には14時30分(時刻表では14時23分)に下車しその通り、暑い中10分程歩いて14時40分くらいに着いた。一方で、富士見温泉始発で前橋駅行のバスに乗る予定だったのだが、そのバスは、富士見温泉を15時15分に出た後、次のバス停が畜産試験場入口である。知らなかったとはいえ、1km歩いた10分間程汗をかいた上、風呂に入っている時間が短くなって大慌てで入浴した次第。つまり言いたかったことは、赤城山ビジターセンター発の急行バスは1kmだけ寄り道してくれれば、わずか10分間であっても暑い思いをして富士見温泉まで歩かずに済み、かつ長い時間風呂に入っていられる訳である。バスにとって1kmの寄り道はたかが知れているし、利用者拡大も期待できるはず。カスタマーサティスファクションとセールス向上が同時に図れる良いアイデアだと思うので、是非とも関越交通バスには善処して頂きたい。
ついでにもう一つ。上述した富士見温泉15時15分発のバスは、予定ではJR前橋駅に15時44分に着くので、15時49分発の高崎駅行両毛線電車に乗るつもりだったのだが、特に道路渋滞もなかったのに、駅到着は15時48分。一応走ってみたものの間に合わなかった。電車の接続を考え、もうちょっとゆとりを持ったバスダイヤにした方がいいのでは?(勿論、バス運行をもう少し時間に正確にしてもらっても良いが・・・)