山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

カミさんが上野公園の入場予約券を手に入れたから一緒に行かないか、というので付き合うことになった。もちろん、カミさんの狙いはパンダのシャンシャンである(2020年12月31日までに中国に返還することになっていたが、その後、返還期限が2021年5月31日まで延期され、更に2021年末延期されるらしい)。
動物園の正門へ行くと、結構な行列が出来ている。15分単位で予約時間が分けられているのだから、並ぶ必要が無いかと思っていたのに皆、ちゃんと並んでいる。しかも随分長い。とても一番後ろに並ぶ気も起らないので、列が動き出してから後ろに付く。恐らく、この行列のほぼ全てがパンダ目当てだろう。皆さん、一刻も早くパンダを見たいらしい。
ウィズコロナ時代で予約制になっても、パンダ(特にシャンシャン)舎に集まる人の数はビフォーコロナとちっとも変っていないようだ。シャンシャンがいるパンダ舎には2つの列が出来ている。一つ目は正門を潜ったそのままの列で、もう一つは2回目も見たい人の列。前者は立ち止まってはいけないルールになっていて、後者はその制約が無い。当然ながら、後者は超長い列になっている。
偶々かも知れないというか、往々にしてあることだが、1回目の時はシャンシャンは木の上で器用に寝ていてピクリともしない。2回目の列は、そのまま並ぶ気も起らない程長いので、リーリーとシンシンがいる、西園に新たに出来たパンダ舎に行ってみる。同じように考える人が結構いるので、シンシンにも人が群がっていた(リーリーは昼寝中だった)。西園を出てから正門に戻る途中、パンダ舎を横目に見たが、2回目の行列は益々長くなっているようで、またにしようと門を出る。
ちょっと遅くなった昼食を喰いに池之端へ行く。入った店は、眞巴石(しんばせい)という中国火鍋料理の店。60席もある大きな店だが、先客も後からやって来た客も無く、我々二人だけの完全貸切状態。中国系店員3人が暇そうにしてた。具材を適当に注文したら物凄い量。でも薬膳と四川の2種類のスープのせいか、意外にペロリと全部食べられた。すっかり温まった。

DSC_0046

DSC_0048

DSC_0060

DSC_0059

DSC_0054

DSC_0065

DSC_0061

DSC_0064

DSC_0062

高尾駅に着いてさて「どうする?」となって、それでは「たまの里」を覗いてみますか、と結局いつものように南口へ出る。つい半年前に来たばかり(前回はこちら)。この店は若者は少ないものの、たまに酔いどれオヤジが気炎を上げていることがあるので、必ずしもリスクは低くない。
もしオヤジ達がどんちゃん騒いでいたらやめようと思いつつ、恐る恐る暖簾を潜ってみると、果たしてガラガラ状態。店員さん達が手持無沙汰にしていた。もう高尾山から下りてきたような輩は帰った時間なのかも知れない。ならば、ずずいっと奥のテーブルへ。
確かに「夜の街」が何かと目の敵にされてきたその流れか、早い時間に「たまの里」を出る中高年ハイカーが増えてきたような気がする。時間帯をずらすこと自体にあんまり意味があるとは思えないが、こちらとしてはそういう人の流れには乗らずに、逆の動きをすることが肝要かと。そうすれば、少なくとも「密集」と「密接」は避けられそう。
それは山もそう。猫も杓子も登るような高尾山とか御岳山は避けるとか、誰も登らないようなルートから登るとかが、ウィズコロナ時代の流儀だ。でも考えてみれば、その流儀はオレたちにとっては今までと変わりはない。漸く時代がオレたちに追い付いてきたということだ。
さっきビーフシチューやらソーセージを喰ってから余り時間が経っていないので、まだお腹はそこそこ良いし、喉の渇きも無い状態なので、最初から日本酒。小生は緑川・純米(780円税込)にしてみた。魚野川沿いにあった酒蔵を思い出す。
つまみはそれなりに注文したが、やっぱり今日も蕎麦は手繰らず仕舞だった。

PB070309

PB070310

PB070311

PB070312

PB070313

PB070314

PB070315

ぶどうの丘の「展望ワインレストラン」に結局、我々の後からは客はやってこないまま、ティータイム終了前に店を出た。駅までタクシーを呼んだものの、空いていれば5分と経たずにやってくるのに、なかなか現れず。そういえば、ぶどうの丘にやって来たときのタクシー運転手が、この時期何処のワイナリーも、ウィズコロナ時代のため特に宣伝はしていないが、ワイン祭り的なことはやっていると云っていた。そのせいだろうか。
やがてやって来たタクシーで勝沼ぶどう郷駅へ移動。さっそく駅の売店で何か土産でも買おうかと思ったら閉まっていた。これもコロナの影響か。もうすっかり日が暮れた。
ホームへ上がると程なく、17時9分発のホリデー快速ビューやまなし号が到着。この列車は我々の山の会ではとても贔屓にしていて、かれこれもう両手では足りないぐらいに利用している。乗るのは昨年の7月以来だ。
それでもこの215系のオール2階建て特別仕様列車の印象が薄いのか、「この車両に乗るのは初めてかしら」と仰る者もいた。オール2階建ては在来線ではこれが唯一無二、かなり特徴的な車両だと思うけれど。車内は比較的空いていたので2階席に座れた。尤も外はもう真っ暗なので、何処に座っても違いはない。
ちなみに何故、ホリデー快速ビューやまなし号は12月から翌年の2月まで運行されないのかと云えば、この車両は元々東海道線を走ることを前提に製造されたため、耐寒耐雪構造になっていない(具体的にどの装置が寒さに弱いのかは不明)のだそうな。
高尾駅に到着したらとりあえず下車し、京王線組のひろちゃんとはここでバイバイ。でもまだ6時過ぎですよ。どうする?

PB070307

PB070308

「天空の湯」のラウンジは、コロナ対策のせいかその前からなのか分からないが、畳敷き&座卓のスペースがなくなり、全てテーブル席になっていた。これは、この頃の日帰り温泉業界全般的な傾向。おばさん、おじさんが、大広間でトドのように寝っ転がっている姿はもうすっかり絶滅危惧種である。
各テーブル席の前後左右は×点マークが貼られているので、4人掛けのテーブルだったら2人までがOK、我々は7人だったので、6人掛けテーブルでも3つ必要な状況。そこまでしてここでゆっくりしたいという輩はいないのか、ほぼ我々だけの独占状態。おかげで自ずから「密集」状態にはならず、のんびりできた。
このまま帰るという菊丸、との~、のんちゃんが乗る電車の時間に合わせ、残り4人もとりあえず出る。「何処かでワインを呑もう」という話になり、3人が乗ったタクシーを見送ったあと、我々が向かった先はぶどうの丘のてっぺんにある「展望ワインレストラン」だ。前回は、シャトー・ルミエールのワインまつりのあと寄って以来だから、いつの間にかもう6年ぶりになる(前回はこちら)。
もう午後3時を過ぎていたが、4時半まではティータイムとして営業中。ティータイムでも、ワインやら料理やらを頼めるところがこの店のいいところ。尤も、ここでワインが呑めないなんて、あってはならないことだ。店内はそれなりに広いが、先客は若いカップルひと組だけ。ここも「密集」とは全く無縁だ。
先ずワインリストを頼むと、流石にここはズラリと勝沼のワインが並んでいる。その中から、個人的には呑んだことが無い「マルサン葡萄酒」のメルロー・プチベルド(2,970円税込、以下同様)をチョイス。勝沼でプチベルド種に出会うことは珍しい気がする(しかも自社畑産らしい)。思いの外フルボディで、コスパは申し分ない。つまみは、ソーセージ盛り合わせ(1,485円)、チーズ盛り合わせ(1,210円)、サラダ(990円)、ビーフシチュー(2,750円)。ライスが食べたいWoodyさんはカレーランチ(1,650円)。偶にはリッチにやるのも悪くない。

PB070296

PB070297

PB070298

PB070299

PB070300

PB070302

PB070301

PB070303

DSC_0044

「道の駅・甲斐大和」で、ふじやまビールを呑んで登頂を祝った後は、何処で汗を流そうか、という話になる。最寄りはそれこそ歩いてでも行ける「田野の湯」、更にそのちょっと先に(上り坂なのでシラフじゃないと行きたくない距離にある)「やまと天目山温泉」があるけれど、今日は久しぶりに「天空の湯」へ行ってみようということで一致。なんと、との~は初めてとのこと。小生も前回からもう2年以上経っていた。
ここ「道の駅・甲斐大和」から勝沼の「天空の湯」へ行くには、先ずJR甲斐大和駅まで約20分歩き、中央線に乗ってJR勝沼ぶどう郷駅で降り、「天空の湯」まで更に約20分歩くのが最も経済的。しかしもうビールが入って足の筋肉が弛緩し、かつ気が大きくなってしまったので、お約束通りタクシーを2台呼んで「天空の湯」まで直行することにした。勝沼観光タクシーを呼ぶのも久しぶりのせいか、馴染みの運転手も代替わりしていた。
「天空の湯」に着いたら、いつものように登山靴を靴箱に入れ、受付で760円を支払う(あれっ、なんか随分値上がりした?)と同時にリュックサックを預け階段を2階へ。脱衣所はだいぶ人が少ない。洗い場も内湯も客は疎ら。コロナの影響があるだろうが、天気予報のせいもありそうだ。
「天空の湯」の真骨頂、露天風呂には4、5人いて、小生が入って出るまでじっとしていて動かない。残念乍ら、甲府盆地には雲と云うか靄というかガスが立ち込めていて視界はよろしくない。それでも「天空」感は変わらない。良いところに風呂を造ったものだと毎度思う。
風呂からが上がったらビール。いつもの如く1階のラウンジへ行き、券売機でビールと餃子をチョイス。受け取り口でお姉さんに「一緒にしますか、それも先にビールにしますか?」と問われ、つい「先にビール」と云いそうになるのを吞み込んで、「一緒で」と云ってみた。我慢したのは初めてかも知れない。

DSCF2654

DSCF2655

PB070290

PB070291

PB070293

DSC_0043

PB070292

PB070295

↑このページのトップヘ