山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

「御殿酒場」で鱈腹喰って呑んだあとは、御殿場駅16時46分発の「特急ふじさん12号」に乗る。地図を眺めていると気が付くことだが、御殿場は富士の裾野に広がっている街のせいで、市街を流れる川は基本的に富士山から流れて来て、一部は箱根山の北側を通って小田原で相模湾に注ぐ酒匂川となり、一部は南へ流れ黄瀬川となり、伊豆の狩野川と合流して駿河湾へ向かう。
一方、箱根山から流れ出した水は、御殿場の直ぐ手前で分かれ、酒匂川か狩野川のどちらかへ合流する。つまり、御殿場は酒匂川と狩野川の分水嶺でもある。「嶺」と呼ぶような高みが全く無いのがちょっと面白い。御殿場駅辺りが丁度、境目になっている。ちなみに酒匂川と黄瀬川は何方も、北米プレートとフィリピン海プレートとの境界でもある。御殿場は、東海文化圏と関東文化圏の接点でもあると同時に、日本列島の成り立ちに於いてもキーポイントにあるのだった。
御殿場駅を出た「特急ふじさん12号」は、相模湾に流れ込む水(酒匂川)と共に箱根山を北側を縫うように進むので、これでも特急かと疑うほどのんびりと走る。一転、松田駅を出ると酒匂川と別れを告げ、小田急線に入れば途端にスムーズに走り出す。特急料金が、御殿場線区間(25.3kmで860円)が小田急線区間(71.8kmで700円)と較べてやけに割高なのは、何度考えても不条理を感じる。
小田急新宿駅に18時27分到着。まだちょっと早いので、少しだけ寄り道。行ってみたところは、西新宿にある「フリゴ」というビヤホール。ここは日本の大手ビール会社の製品やクラフトビールを置いておらず、全て海外ビールという、ちょっと変わり種な店である。
店内は外国人と日本の若者ばかり。リュックサックを背負った風変わりな熟年は他にいないが、店内は暗いのでさして目立たない。ちょうどひとテーブル空いていて、店員が「20時までだったらOKです」と云うので、むしろ望むところと着席。久しぶりにギネスの生(ハーフパイント、700円税込)を呑み、ギネスビール発祥の地ダブリンに思いを馳せた。

DSC04208

DSC04209

DSC04212

DSC04210

DSC04211

「ごてんば市温泉会館」で汗を流してさっぱり、ビールを呑んでまったりしてから、タクシーを呼んで御殿場駅へ移動する。偶々だが、上手い具合に午後3時頃に着きそうだ。となれば、3時開店の「御殿酒場」に直行するしかない。
前回、初入店してからほぼ1年ぶり。その時は、開店時間を30分ぐらい過ぎてから入ったのにも拘わらず、既にテーブル席は一つしか空いてなかったという、なかなかの人気店。今回は大人数とはいえ、開店直後であれば問題無かろうと、目の前でタクシーを降りると、ちょうど女性店員が開店の札を外に掲げているところで、目出度く一番客だった。
一番客なので一番奥の席に着陸。とりあえず生ビール(キリン一番搾り、490円税別、以下同様)で乾杯したら、復路の「特急ふじさん号」の座席指定券を買いに御殿場駅へ向かう。何しろ駅の隣にある店なので、こういった場合にはとても便利なのだ。
首尾よく切符をゲットしたらあとは時間まで腰を落ち着かせてもらう。ここは静岡県なので、箱根の山の東側とは些か食文化が違う。その違いを知るには、おでんタネの黒はんぺんや牛すじを頼むのが手っ取り早い。もちろん関東風と同様、大根やがんも、こんにゃく等もある。他には、牛すじ煮込み(550円)もあるのでそれを注文。
あとは皆、てんでに注文。肉味噌が乗ったポテトサラダ(280円)、春菊のネバネバサラダ(460円)、アボカドベーコン巻き(270円/本)、しそ巻き(220円/本)、しめじ豚巻き(280円)などを注文。春菊のネバネバサラダはなかなか斬新的なサラダだ。ビールの後は、地酒の砂ばしり(2合1,620円)と、福井の花垣(1,520円)を頼んで再びまったりした。

DSC04197

DSC04198

DSC04199

DSC04200

DSC04201

DSC04202

DSC04203

DSC04204

DSC04205

DSC04206

DSC_1769

DSC04207

今週の山行は、久しぶりに箱根の山。個人的に箱根の主だった山は登り尽くしているので、これから行くとすれば、未踏の尾根のトレースを目的としたプランがメインとなる。ということで、今回は箱根外輪山の西側北半分、湖尻から乙女峠までを辿ることにした。最高峰は標高1,156mの丸岳である。
湖尻というと、箱根登山鉄道とケーブルカーとロープウェイを乗り継いで行くところ、という感じの場所だが、台風19号の影響で登山鉄道は長期運休中だし、小田原から仙石原へ抜ける道も閉鎖したまま。すると自ずから御殿場側からアプローチすることになるが、ならばいっそ高速で行ってしまおうとバスタ新宿発の高速バスを予約した。多少時間がかかる感じがあるものの、乗り換え無しで湖尻まで行けるのはやっぱり楽ちんだ。また次回もこの手を使ってみたい。
歩き出すと、予想はしていたが外輪山からは遮るものがない富士山が見えるのは、やはりここの一番のウリ。それともうひとつ感じることは、外輪山の内と外で随分景色が違うということ。外を見ると、箱根の山もかなり裾野が広いと判るが、内はまさにジオラマ、箱庭のよう。それを一遍に味わえるのは外輪山ならではだ。
乙女峠まで漫歩を楽しんだ後は、車道に絡みながら一気に下ると程なく御殿場温泉会館に到着。ぱっと見も中身もかなり素朴で昭和の香りがする。訊けば、3月末でいったん閉館するが(設備の老朽化が理由)、再開は未定とのこと(その後、HPを見れば令和4年10月頃に再開する見込みとのこと)で、今回はこの雰囲気を味わえる最後のチャンスか。
風呂場からは、銭湯の壁絵ならぬ、富士山のリアル壁絵が眺められ、さすが御殿場だと感じ入った。休憩所にも結構人が屯していて、昔のヘルスセンター(たぶん、死語)の雰囲気を彷彿させてくれた。出来ることならば、この雰囲気を保ったまま再開して欲しいがどうだろう。

DSC_1767

DSC_1768

DSC04196

「橋本屋」で鴨鍋を喰って満足した後のこと。カミさんが食後のコーヒーを飲みたいと云い出したので、ならばすぐ傍にコーヒー専門店があるよ、と行ってみることにした。
昨年の秋、台風19号が直撃した直後に高尾山に登った際(ビフォーコロナは随分、遠い昔のようだ)、山中で偶々拾った子供用財布を高尾下駐在所に届けたことがあって(果たしてちゃんと子供の手に戻っただろうか。その時の山行記録はこちら)、その時に前を通り過ぎて「こんなところにコーヒー専門店があるんだ」と吃驚して記憶に留めた、ちょっと小洒落た店である。
その時は台風直後ということもあってか閉まっていたが、今日は行ってみると開いていて、かなりの客が入っている。我々のような、高尾山のついで、という感じではない客が多いような気がする。平日の昼下がりでこうなのだから、シーズン中は推して知るべしだろう。
混んではいたが、先客が丁度帰るタイミングだったのですんなり席に座れた。モノトーンの店内で、シックな雰囲気。店員は皆さん若い。メニューを眺めてみると、豆の種類が豊富で、ストレートコーヒーはすべて都度、ドリップ式で淹れるスタイル。残念ながら、やっぱり酒類は置いて無し。そこで目に付いたのがパプアニューギニア(650円)。
もちろん熱帯だからコーヒーは育つだろうが、ニューギニア原住民がコーヒー栽培するイメージがないし(勝手な妄想です)、豆も見たことがない気がする(と云ってもコーヒーには煩くないので単に知らないだけか)。ならばとそれにしてみる。カミさんはブレンド(450円)とティラミス(???円)。食後のコーヒーが飲みたかっただけでなく、ホントの狙いはデザートだったようだ。
出てきたカップは、透明プラスチック製(アクリル樹脂?)で二重構造になっているシロモノ。何を頼んでもこのカップ、という訳ではなさそう。冷めないようにという心遣いなのだろうが、猫舌な小生としては有難迷惑である。飲んでみると、アロマや酸味、苦みは殆どなく、やけに飲みやすい。ローストが浅いせいかどうかは良く分からなかった。次に飲んだとしても、パプアニューギニアと云い当てることは出来ないかも知れない。

DSC_1763

DSC_1762

DSC_1761

DSC_1760

DSC_1755

DSC_1756

DSC_1757

DSC_1758

DSC_1759

薬王院で護摩札を頂いたら、もう午前11時半。高尾山口にある「橋本屋」に12時半で予約を入れてあるので、歩いて下るのは止めてケーブルカーを利用する。こんな時期、こんな時間に下りのケーブルカーに乗る客は流石に少ない。
高尾山口には多くの蕎麦屋があるのでランチには事欠かないものの、今日は蕎麦が目当てではない。今シーズンはまだ鴨鍋を突いていなかったことに気が付いたので、せっかくだから何処の店に置いていないものかと探した結果、見つけたのは偶々「橋本屋」だった。
この店は、子供の頃からあったと記憶している。認識としてはここは蕎麦屋ではなく割烹、しかも敷居が高い感じの懐石料理を出す店なので、山の帰りにちょっと寄る、という向きではない。そんなこともあり、実は今回が生まれて初めての入店である。
暖簾を潜ると、通されたのは1階の小上がり席。恐らくは大人数でコース料理であれば2階の個室に通されるように思われるが、この時間だからか、そんな客は見当たらず、我々以外に先客2組、あとから4組(うち1組は欧米系)が来たが、皆、小上がり席かテーブル席だった。欧米系は慣れない箸で蕎麦をようやく手繰っていた。あんな喰い方では蕎麦も美味くなかろう。他の客も、頼むのは蕎麦ばかり。皆さん、ここを蕎麦屋と勘違いしているようだ。我々は鴨鍋のみ、一点の注文。
でもその前に、ビールを注文。そのうちに鍋とコンロと材料がやって来る。基本的に我々に任されているが、しばしば仲居さんや女将さんがやってきて、鍋の煮え具合を確認していく。鴨は煮過ぎないようにとか云いおく。こういったところが、普通の居酒屋とか、何処かのちゃんこ屋とは違うところ。それはともかく、鴨肉は柔らかく、出汁の味も申し分なかった。

DSC04157

DSC04158

DSC04159

DSC04160

DSC04161

DSC04162

DSC04163

↑このページのトップヘ