山から下りたらこんな店 - 副隊長の自己満足

山から下りて、ひと風呂浴びてから一杯やるのは醍醐味の一つ。しかし、最近はどっちが主なのか、判らなくなってきた・・・。

黒金山と乾徳山から下りてきた帰り路、立川駅の西寄りにある地下道の、南側出口脇に雑居ビルがあり、その1階にある「しばさか」という居酒屋に入ってみた。
ここはかつて「神代」と云う名前の居酒屋で、 立川で山の集まりがあったとき、何回か入ったことがあった。その後、いつのまにか「神代」は無くなり、しばらくこのビルに立ち寄ることも無かった。
今回、暫くぶりで寄ってみる気になったのは、ネットで偶々「しばさか」という名の居酒屋を見付け(さらに、ネットによると「しばさか」の前は「柴崎の酒場通り」と云う名の店だったようだ)、その場所が「神代」と同じで、しかも内装写真が「神代」とよく似ていると思ったからだ。なんだか30年ぶりの記憶が突然蘇った思い。
店の前に立つと、やはり以前と同じ雰囲気で、ちょっぴりじーんとくる。扉の上を見ると、うっすら「神代」という文字を削ぎ落とした跡まで残っている。中に入るとややイメージは異なっているものの、厨房の位置、壁の色やテーブルの配置などはそのままのようだ。店は変わっても、居抜きで30年以上前の面影がこれほど残っているとは感慨無量。立川駅南口は何もかも変ってしまったが、この店だけは高校時代と繋がったままだった。 
メニューをみると一見、なんでもござれの典型的大手チェーン店系大衆居酒屋のようであるが、出て来るのはもうちょっと手作り感があって、より庶民的な料理で親しみが湧く。乾杯生ビールの後に頼んだものは、大根と炙りベーコンのもりもりサラダ(580円税込、以下同様)、ベーコン・鶏・牛ホルモン・砂肝のアヒージョ(870円)、トロトロ炙りチャーシュー(580円)、シーフードピッツァ(500円)、角煮のマヨコーンピッツァ(500円)、魚介のクリームピッツァ(500円)と概ね西洋風だが、飲み物は「いっちょらい」等の日本酒をいただいた。こんな組み合わせが出来るのも、大衆居酒屋の利点。個人的には、これからちょくちょく来てみたい店である。

DSC02646

DSC02647

DSC02648

DSC02650

DSC02651

DSC02654

DSC02656

DSC02653

DSC02655

DSC02657

DSC02658


 

機山ワイナリーにフラれたので、傷心癒えぬまま塩山駅へタクシー移動。乾徳山山頂付近の岩場でやや渋滞に嵌ったものの、結果的には全体として行程が順調だったので、今日も首尾よく「ホリデー快速ビューやまなし号」に間に合うことが出来た。
山の上はそれなりに涼しくって良かったが、やはり街中は気温が高く、湿気もある。駅に上がると、浴衣を纏った女の子達が切符を買っていた。何処かで祭りでもあるのだろうか(あとで調べてみると、隣りの山梨市の笛吹川畔で花火大会があったようだ)。
そう云えば、いつのまにか夏祭りのシーズン。この頃になると、日本国中を巡って、祭りを見に行く人がいるが、半分羨ましく、半分呆れて見ている。個人的には、京都の「祇園祭・山鉾巡行」や五所川原の「立佞武多祭」、越中八尾の「おわら風の盆」は、其々いっぺん見てみたいと思うが、基本的に暑いのも人ごみも苦手なので、祭りにどっぷり嵌るのは、やや腰が引ける。できれば、メインストリートに面した小粋な料理屋の2階で、団扇が要らないくらい風の通り道になっているような屋根付き桟敷から、冷たいビールを呑みつつ、祭りの列を眺めるぐらいがちょうど良い。一方で、寒いのは問題ないので、そのうち「秩父夜祭」でも、遠目から眺めに行きたいと思っている。
やってきた「ホリデー快速ビューやまなし号」に乗り込むと、つい2週間前の前回とはうって変わって、1階席も2階席でもボックス丸々空いているところが無い。やはり陽気が良いとこういうことだ。仕方なく、お一人だけ座っていたボックス席にお邪魔し、少々遠慮がちに酒ボトルとコップを取り出す。
本日の日本酒は「天明BangeYamada・純米吟醸無濾過生原酒」。ボトルには、銘柄が筆記体のアルファベットで書かれた、ちょっと珍しいラベル。この頃、水だけでなく酒米も地元産を使った日本酒が増えているが、これもそのひとつ。口に含んでみると、酸味と旨味が程良いバランス。肩を張らずに呑める酒である。さて、立川に着いたら何処へ行こうか。

DSC02643

DSC02644

DSC02645
 

せっかく「はやぶさ温泉」に来たので、近くにある恵林寺の境内をぶらぶら寄り道。この寺の山号は乾徳山。そう、まさしくついさっき登って来た山である。戦国末期、織田勢の焼き打ちにあった時、住職だった快川和尚が発したとされる「安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し」でつとに有名である。境内には、精進料理を出す「一休庵」という茶屋があるので、いつか寄ってみたいと思っている。
歴史の香りに一寸だけ触れた後、ついでにその直ぐ南側にある「機山ワイナリー」(正しくは機山洋酒工業)に寄ってみることにした。ここは何年か前から個人的に気になっていたワイナリー。以前、「キザンファミリーリザーブ」という赤ワインを呑んだことがあり、その複雑な香りと味の深みに驚いたことがある。店頭価格が2,000円以下でも、このような日本のワインがあったのかと、少々感動した。
行ってみると、門構えは大地主の旧家然としていて、ワインというよりも日本酒でも醸していそうな佇まい。勝手に門を入ると右手に「機山ワイン館」と書かれた煉瓦造りの建物があるが、良く見ると「CLOSED」の表札。是非手に入れてみたかった「キザンスパークリング・トラディショナルブリュット」が、現在店頭販売のみとのことだったので楽しみにしていたが、誠に残念。
「CLOSED」の文字だけでは納得しない女子連は、ずんずん奥へ進み、母屋で直談判してくれたようだが、訊けば店主が外出する用事があり、今日は16時で営業終了とのことだった。次回は、山は適当に切り上げて(もしくは登ったふりだけで)、真っ直ぐここへ直行してみるか。

DSC02639

DSC02638

DSC02637

P7232273

DSC02640

DSC02641
 

暑くなると、どうしても高い山に登りたくなる。しかし、日帰りの場合、登れる範囲は限られる。同じ山(例えば大菩薩嶺)ばかり登るのは憚られるし、山行計画を立てる身には悩ましい季節だ。そこで、今回はとっておきのプランとして、およそ30年ぶりに黒金山を登ることにした。タクシーを駆使すれば、一気に標高1,550mまで上がることが出来る。今日は総勢5人でタクシー1台なので、料金メーターは怖くない。
青笹から黒金山に通じる登山道は昔からあったが、現在はそのほぼ中間点を林道が横切っていて、そこが今回のスタート点。30年前にはこんな登山口は無く、日帰りで登ること自体、想像もしなかった。その時は、乾徳山中腹にある高原ヒュッテ(現在は無人避難小屋だが、当時は素泊まりのみの有料小屋だった。暖房が無く、晩秋の夜は随分と冷えた記憶がある。)に泊まり、翌日は乾徳山、黒金山を越えて、西沢渓谷へ下った。
黒金山は、中央線沿線の山と云うよりは、ほぼ奥秩父の領域。事実、シラビソやコメツガが主体の森で、苔生した深山のひんやりした雰囲気に包まれている。黒金山山頂は、残念ながらガスに包まれていて眺望は得られなかったが、涼しさを求めて黒金山に登ったので、目的は十分達成した。
乾徳山を経由し、大平牧場の上にある登山口まで下れば、またタクシーを呼び、さて風呂だ。近くに「笛吹の湯」があるが、知りえた情報の範囲では、食事処もビールの自動販売機も無いようなので、当然スルー。その下流には「一の橋館」という温泉旅館があるが、タクシー運転手に訊いても立ち寄り湯をやっているか不明だったので、塩山に近い「はやぶさ温泉」に行くことにした。ここは、たいていのタクシー運転手に訊いてもイチオシである。
「はやぶさ温泉」とは随分カッコいい名前を付けたものだと思っていたが、ここの地名が「山梨市牧丘町隼」であることに初めて気が付いた。漢字ではなく、ひらがなにしたのが良かったようだ。
ここは普通の日帰り温泉とは違い、家族経営のような、手作り感がある施設である。たいして広くないフロントには、桃や野菜などが段ボール箱に並べられていている。桃ひとつ100円は安いと思うが、持ち帰ると思うとなかなか手が出ない。入浴料600円を支払い、貴重品をフロント脇のボックスに預けたら風呂場へ。源泉かけ流しで、カランの湯も源泉100%。湯温も程良い。しかも高アルカリ性(Ph10)なので、つるつるすべすべの湯である。
さっぱりしたら大広間へ。南側が開け放たれていて、手入れが行き届いた庭を眺めることが出来、ちょっと気の利いた旅館にいる気分になれる。まずは生ビール。今日もビールが美味い。さて、つまみ。ここは、下手な居酒屋顔負けにつまみの種類が豊富。表面がパリッとした餃子は勿論美味いし、モツ煮込み、牛すじ煮込み、ごぼう唐揚げ、砂肝塩焼きと、どれも日帰り温泉の食事処の水準ではない。腹が減っていれば麺類や丼物、握り寿司、うな重まであるので問題ない。つい、長居をしてみたくなってしまいそう。お湯佳し、食事処佳しであれば、地元のタクシー運転手が勧めるのは当然である。

P7232268

P7232265

P7232266

DSC02620

DSC02621

DSC02622

DSC02623

DSC02625

DSC02626

DSC02627

DSC02628

DSC02629

DSC02630

P7232267

DSC02631

DSC02632

はやぶさ温泉のHP: こちら 

また7ヶ月ぶりに久呂無木訪問(前回はこちら)。
今回は、両神山の帰りなので、日曜日の訪問となった。両神山から下りて来た4人のうち、ひろちゃんは用事のため泣く泣く帰宅、その代わりに膝のリハビリ中のくまちゃんが、久呂無木に直接やってきたので、都合4人での入店。そのため、久しぶりに奥の座敷ではなく、小上がりに腰を落ち着けた。勿論、我々は予約済みなのだが、後から後から予約していない客がやって来て、丁重にお断り。相変わらずの人気ぶりである。
早速、久呂無木のご主人のお勧め日本酒をいただく。先ずトップバッターは「花陽浴」。最早、埼玉を代表する日本酒だと思う。この赤ラベルの山田錦(純米吟醸山田錦直汲み)は初めてだ。口に含むと、「花陽浴」ならではのジューシーさと、仄かなパイナップル系の香りが広がるが、程良く旨味も酸味も併せ持っているので、バランスの良さも感じる。流石だ。
つまみはいつもの豚炙り焼き、出汁巻き玉子、さしみゆば、鴨ロース、野菜天ぷら、板わさ、牛しぐれ煮、オニオンスライスをいただく。どれもこれも変わらぬ美味さ。
続いて登場した日本酒は「雁木 純米吟醸無濾過生原酒ノ弐」。旨味があって芳醇なのにさらっと上品。これはすいすいいってしまいそうだ。危険な酒。
次は「智則 純米吟醸 佐香錦 直汲み中取り 無濾過生原酒」。ご主人曰く、「智則」とは杜氏の名前だそうだ。自分の名前を酒の名前にするとは、かなりの自信作ということか。実際、口に含んでみると、これもまた旨味ががつんと来る、骨太な日本酒。まいった。
最後の日本酒は、「まんさくの花 純米吟醸 美郷」という、ちょっと風変わりなラベルの日本酒。裏ラベルには「・・・一際目を引くデザインボトルを作りました。上から順に「日の出」「まんさくの花」「水」をアイコニックに表現したものです。」とある。ご主人の解説によると、酒造(日の丸醸造)の若旦那が、どこぞのデザイナーに、ん百万円で頼んだら、大旦那に「金を使うなら酒造りに金を使え!」と怒られたそうな。小生も大旦那の意見に賛成。呑んでみると、酸味も旨味も程々で、とにかくフレッシュ爽やか。
締めはやっぱりもりそばがいいが、今日はおろしそばもいっしょに頼んでみた。大根おろしの辛みと蕎麦のシコシコ感が良く合う。もりばかりではなく、偶には色々なそばを食べてみるのも良いようだ。毎度様々な日本酒が楽しめるし、蕎麦もいつも通り美味い。何回お邪魔しても楽しめる店である。
 
DSC02574

DSC02575

DSC02576

DSC02577

DSC02578

DSC02579

DSC02580

DSC02581

DSC02582

DSC02583

DSC02584

DSC02585

DSC02586

DSC02587

DSC02588

DSC02589

DSC02590

DSC02591

DSC02592
 

↑このページのトップヘ